初めての購入・他店との違い

マウンテンバイクの組み立てについて

画像にカーソルを合わせると拡大します。

まずは、箱を開けてバイクをチェック!

完成車の場合、このような大きな箱で到着します。輸送中に衝撃を受けた痕跡がないか、ここから細かなチェックが始まります。

箱の中のMTBは、この様な状態となっています。ハンドル・Fホイールは外され、サスペンションは逆向きに固定されています。

全ての梱包材を取り、傷や凹み、塗装不良がないかしっかりチェックします。この時点で、不具合が発見された場合は、メーカーへ車体交換の依頼を出します。

 

パーツを分解して、組み付けを行います。

まずは、サスペンションを外し、ヘッドパーツのグリスアップを行います。今回使用しているバイクは、約40万円するにも関わらず、工場では全くグリスが塗られていませんでした。 GTに限らず、ほとんどのメーカーがこの様な状態で入荷します。。

ヘッドパーツをバラし、ベアリングやワンに不具合がないかチェックします。

チェック完了後、順番通りに組み付け、防水防汚性及び回転性が良くなるグリスを選択し、しっかり塗りこみます。上側のワンとベアリングにも塗り込みます。

スターファングルナットは錆付きやすいので、表面にグリスを添付し、同様にトップキャップボルトにもグリスを塗り、ガタが発生しないようセットします。

クランクを外し、外したクランクや、チェーンデバイスに傷などがないか・チェーンリングに変形がないかチェックします。

BB(ボトムブラケット)を外します。BBは、オクタリンク・ISIS・スクエア軸タイプも流通されており、それぞれ専用工具を使用します。

工場での組み付けにはバラつきがあり、今回は右側がトルク不足、左側はトルクオーバーした状態で組みつけられていました。

BBには、極少量のグリスが塗られていましたが、量が不足していることに加え、決して質の良いグリスと言えません。このグリスをきれいに脱脂し、当店で使用しているグリスに塗り替えます。

BBのネジ山がきちんと加工されているか、フェイス面の仕上がりがきれいかよく確認します。不具合がある場合は、フェイスカット・タップ切りを行います。確認後、しっかりグリスを塗り込みます。

BBの規定トルクに合わせ取り付けます。今回のBBは、40-50Nmのトルクとなっています。※右足側は逆ネジです。

クランクセット・チェーンデバイスの取り付けを行います。

 

全体の調整を行います。

前後のホイール調整を行います。

縦・横の振れ取りと同時に、スポークのテンション調整も丁寧に行います。

ディスクブレーキのオイルラインとシフトワイヤーを適正の長さにカットします。工場出荷状態ではラインが長すぎる為、取り回しに支障をきたす場合があります。 ポジションが決定していない場合は、後日行います。

ディスクブレーキのブリーディングです。工場出荷時の状態は、エアーを噛んでいたり、フルードが劣化している場合があるので、新しいフルードを使用し、ブリーディング作業を行います。

ブリーディング後、ローターとパッドが干渉しない位置にキャリパーの位置を合わせます。

ワイヤー専用グリスを添付した後、変速調整を行います。その際、インナーワイヤーを強く引っ張り、初期伸びを出します。

前後のサスペンションがきちんと作動するか確認し、お客様の体重に合わせた初期セッティングを行います。

 

仕上げ・アフターケア

最後に、フレームと各パーツにガラスコーティングを施工します某高級車ディーラーでも使用されている液剤を特別に入手した物で、 施工後は、フレーム表面を固く覆い、撥水性・紫外線からのダメージ及び防汚効果を大幅に高めます。

完成です♪
1台を仕上げるまでには、数時間を要し、お客様が安全で快適にお乗り頂けるようスタッフ一同作業を行っております。 ご購入後のアフターサービスもお任せください!

ご質問・ご不明点などございましたら、お気軽にお問合せください。 お問合せフォーム